名古屋ロケ地は巡れるのか

水曜日、名古屋を通過する予定がありましたので、一日時間を取って「小さき勇者たち~ガメラ~」決戦の地を巡ってみる事にしました。ひとりで。

私にとっての名古屋は愛知県庁で完結しておりまして、始発ののぞみで到着し庁内の食堂でわかめ入りきしめんを食べ最終ののぞみに乗る頃には地下街は全てシャッターが下りている、そんな印象が強い場所です。

さて実際はどんなところでしょう?ジーダスが登りトトが透と語った名駅セントラルタワーズからスタートです!

…が、名古屋といえばまず名古屋水族館へ行ってみましょう。


c0097242_20152749.jpg
地下鉄名古屋港駅の壁面で見つけました。こんなところからカメさんです。

c0097242_201663.jpg
全てをすっ飛ばしてウミガメの元へ!

c0097242_20161894.jpg
アカウミガメ、アオウミガメ、タイマイがいますが、区分できませんでした。これは多分アカウミガメ。

c0097242_20163491.jpg
多分アカウミガメ。

c0097242_2016475.jpg
もしかしたらタイマイ?


c0097242_2017898.jpg
アカウミガメ2頭?

c0097242_20172495.jpg
多分アカウミガメ。

c0097242_20173778.jpg
こちらに興味を持っているようです。

c0097242_2018614.jpg
アカウミガメの幼体。元気良く動き回っています。

c0097242_20182025.jpg
ああ、俺って奴ぁ…とか思ってるんでしょうか。

c0097242_20184313.jpg
この後目を閉じてすやすやと眠ってしまいました。

c0097242_20185696.jpg
他の展示も見てみましょう。
木の葉そっくりな動物を集めた企画展にいたスペングラーヤマガメ。
他にマタマタもいましたが、シェルターの中に引きこもっていました。

c0097242_20191017.jpg
吹き抜けにあったアルケロン骨格レプリカ。

c0097242_20191947.jpg
まるで飛んでいるようです。
飛行するガメラをXレイで見るときっとこんな感じなんでしょう。

c0097242_20193292.jpg
ストゥペンデミスの化石レプリカ。
発見の一報を聞いた研究者は昼食を中断して数日間掛けて発掘したそうですが、お昼はちゃんと食べられたんでしょうか。

c0097242_20194886.jpg
先程のウミガメ回遊水槽を上階から見下ろしたところ。

c0097242_202013.jpg
ウミガメ回遊水槽の端は砂のスロープになっており、ウミガメが自由に上がって来て甲羅干しするそうです。この写真のキャタピラ跡のような凹凸はウミガメの足跡。

c0097242_20201561.jpg
2階のカフェテリアは「フードコート・トータス」。ちなみに1階のレストランの名前は「アリバダ」(コスタリカ海岸でヒメウミガメが大群で産卵する現象)です。

c0097242_20202663.jpg
ニューギニアナガクビガメの幼体。

c0097242_20204099.jpg
さてこの水族館の外には「カメ類繁殖研究施設」があります。ガラス越しですが見学できるようです。手の甲に再入館スタンプを押して、行ってみましょう。

c0097242_20205184.jpg
子ガメが飼育されています。

c0097242_2021334.jpg
若いヒメウミガメ。コスタリカの海岸に大群でやって来て産卵する「アリバダ」を行うのはこの種類です。

c0097242_20211526.jpg
奥の四角いケースには背中に回遊調査のための衛星追尾用発信機をつけたウミガメが各1頭ずつ入っています。ちょうど発信機を付ける作業中のようです。目が合った研究者がニコッとしてくれました。

c0097242_20212770.jpg
そしてガラス越しに見せてくれました!

c0097242_20213742.jpg
もう一枚!

この方はDr.George BalazsさんとおっしゃるハワイのNational Marine Fisheries Service, Pacific Islands Fisheries Science Center, Marine Turtle Reserch(米国立海洋大気圏局海上漁業部太平洋島嶼漁業科学センターウミガメ研究部?)の研究者リーダでいらっしゃいます。

この後、横のドアから出ていらっしゃって、

c0097242_20214946.jpg
キーリングと名刺をくださいました!

「私はハワイから来たウミガメの研究者です」
「ハワイですか!じゃあこのキーリングはホヌですね!」
「お~ホヌを知っていますか!」

たまたま持っていた我が家のケヅメリクガメの写真をお見せして、

「うちの家族のリクガメです」
「お~リクガメだね」

ガメラのぬいぐるみと写した写真(このブログのタイトル下の写真)をお見せすると

「ははははは~」

うけてました。

「私はウミガメ顔だけど、あなたはリクガメ顔だね~」
「あっはっは。もうじきまぶたが下から上に上がるようになりますよ~」

といったお話をしました。
お忙しいところ本当に有難うございました。家宝にします。


さて、何ともう夕方になってしまいました。
確か朝11時に入館したんですが…

あらーっ。

近くのイタリア村にも行く予定なんですが、間に合うでしょうか。
行ってみましょう。


c0097242_2022059.jpg
その途中にあるポートブリッジにあったレリーフ。
あぶらびれがあるのでサケ属(Oncorhynchus)の魚でしょう。

c0097242_20221278.jpg
イタリア村の目的地、カメがトレードマークのブランド「カルピッサ」です。
舶来物にはあまり興味がないのですが、一番安い手鏡を購入しました。

c0097242_20222451.jpg
こんなかわいいカメさんの袋にいれてくださいました。

c0097242_20223520.jpg
タグにも箱にもカメさん。

c0097242_20224987.jpg
手鏡にももちろんカメさん。

さて、日が暮れてしまいました。そろそろ帰路に着く時間です。
栄とか名駅三丁目とかまわるはずだったんですが…。
おまけに名古屋埠頭やセントラルタワーズの写真さえ撮っていません。

全然ロケ地巡りになっていません…。

さらにくやしいことに、味噌カツもひつまぶしも天むすも、名古屋名物さえ食べていません…(新幹線ホームできしめんを立ち食いしたのは秘密の方向で)。


うーん…。


帰宅してから我が家のケヅメ、キャロラインに、戴いたキーリングを見せてみました。


c0097242_2023172.jpg
…息子?
[PR]
by oncorhynchus_2nd | 2006-10-18 20:14
<< 小さき勇者たち~ガメラ~DVD... 2006調布飛行場まつりのガメラ >>