四六のガマは両生類

c0097242_2312688.jpg調べ物のために先日の母校の次の母校を訪ねました。
つくばエクスプレス開業で、「常磐高速バスつくば号」で都心へアルバイトに出ていた頃とは比べ物にならないくらい利便性が増しました。


c0097242_23121952.jpg四六のガマのお膝元に、五三の桐が南北5kmにわたって延びています。


c0097242_23123166.jpgどこへ行っても意地でもカメを探してしまうのがカメ飼いの習い性というか何というか。
新研究棟の建設現場を囲うフェンスにカメさんが2頭描かれています。


c0097242_23124250.jpg学内にある松美池。クサガメがいたと記憶しています。

ありがちですが、ここのコイを釣って食べると除籍になるという噂でした。


c0097242_23125296.jpg学内にある天久保池。ミシシッピアカミミガメがいたと記憶しています。

ありがちですが、ここのブラックバスを釣って(略)


c0097242_2313387.jpgたまにビニルテープで「修棟」にされたりしていましたが、今のところ無事のようです。


c0097242_23131258.jpg名物といえば干し芋と「水戸の梅」なんですが、水戸の梅の製造元は「亀印製菓」といいます。
「亀羹」という本錬羊羹も出しています。
憧れますが、いささか高級なので「長者焼」¥105也を買いました。


c0097242_2313232.jpgほらカメさんです。
[PR]
by oncorhynchus_2nd | 2007-01-28 23:11
<< 怪奇!世界七不思議(あとの6つ... ワークショップ資料「カメ(改訂... >>