<   2006年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

キャロライン寝顔盗撮!

ケヅメリクガメはよく寝ます。

起きて食べてお風呂に入ってトイレをして暴れて寝る、それが毎日です。
棲息地のアフリカでは昼間の酷暑を避けて土中の穴などで過ごし、薄暮の頃に活動するそうです。
そのせいか、夏の昼間は涼しい日陰で昼寝して、日が落ちかけてからもう一暴れして、寝ていました。

では冬はどうでしょう?
やっぱり食べて暴れて昼寝をするんですが、夏と違ってそのまま朝まで寝てしまうことがほとんどです。

今日はちょっと暴れ足りなかったようで、夜になってから寝小屋の中でゴソゴソする音がしています。何が不満なのか、シェルタにしているプラスチックのバケツを器用に寝小屋から蹴り出していました。
ちょっと覗いてみましょう。

おーはーよーごーざーいーまーす、
ドッキリカメラですー
c0097242_21222886.jpg
かわいい…

c0097242_21225149.jpg
あ、起きてしまいました。
ごめんごめん。

c0097242_21223992.jpg
何だよ何だよ全くもう
眠いんだよ

という表情でまた眠ってしまいました。
この世のものとは思えないかわいさです。

c0097242_2123224.jpg
こちらは小さい頃の寝顔。

次回は「キャロライン入浴シーン盗撮!湯けむり秘湯若女将鉄道アリバイトリック」をお送りします。
もちろん嘘です。
[PR]
by oncorhynchus_2nd | 2006-11-26 22:08

KONAMI「SFムービーセレクション 小さき勇者たち~GAMERA~」のトトには会えるのか

巷で噂の「SFムービーセレクション 小さき勇者たち~GAMERA~」、非常によい出来だそうで、恐らく国内で最も詳細な「小さき勇者たち~ガメラ~」情報を網羅されているガメラ医師のBlogでも度々(発売報告レビュー集Part3Part4Part5)紹介されています。
狙うはやはり「トト(1m幼体)」です。「ただのカメ」なんて感想も見かけますが、カメ好きな私にはいずれにしても垂涎の的です。

さてどこで買えるのでしょうか?
近所のスーパーのお菓子売り場(これは「食玩」、食品のおまけの部類なんだそうです)に行ってみましたが、ありません。日を違えて3件巡りましたが、ありません。
次いでコンビニに行ってみました。数日かけて4系統5店に行きましたが、ありません。

今暮らしている地方都市は田舎だから、仕方がないのかなぁ…と半ば諦めつつ、駅前にあるロードサイドタイプのショッピングセンタ(これだけでもいかに辺鄙なところか判りますが)のおもちゃ屋さんに行ってみました。

ありました!2箱!

…2箱?

確率的にどうもアレですが、「店頭から買い占め」ました。2箱ですけれど。

c0097242_19271183.jpgちょっと怖そうなガメラです

まず1箱目は…

c0097242_19275411.jpgオリジナル・ギャオスでした。触るのも何となく怖い感じです。
申し訳程度のガムも付いています。

さて2箱目は…

c0097242_19282397.jpgかなり無理がありますが一応やってみました


さてさて運命の2箱目は…

c0097242_19475856.jpg1mトトです!うわーい!

かわいい顔をしていますね。本当に細部までよく出来ています。これは手作業で塗っているんでしょうか。


c0097242_1929950.jpg三すくみ


諦めかけた1mトトに会えて本当に嬉しい日となりました。今までのクジ運のなさはこのために取っておいてあったに違いありません。

さてキャロラインと対面させてみましょう

c0097242_19292614.jpg
何これ?
くれるの?
あっそうありがと
それより何か餌ある?
トマトとか?
あ、ないんだ、
まいいや
ところでもう眠いんだけど

c0097242_19294779.jpgトト目線




フェバリットケヅメトト孵化トトスノーグローブも気になるところです。


ところで、DVDに封入されていた角川ヘラルドのアンケートサイト、submitが効かないので回答できません…熱い思いを送りたいんですが、皆様送れましたか?こちらの環境の問題でしょうか?
[PR]
by oncorhynchus_2nd | 2006-11-14 20:31

小さき勇者たち~ガメラ~ DVDレビューその2 本編

本編感想です。

もともと「ケヅメリクガメが出演する映画がある」ということを聞いて興味を持ち、ガメ太郎さん担当の公式blogを覗いてさらに思い募らせた映画です。普段は殆ど映画もドラマも観る習慣はないのですが、この「小さき勇者たち~ガメラ~」は心から楽しむ事が出来ました。思い出すとまた泣いてしまうんですが。

今回も全く関係のない我が家のケヅメ、キャロラインの画像とともにお送りします。

■ツボその1 異種生物との心の交流
c0097242_23545971.jpgなにしろ掌の上のカメ→戦うガメラと心を通わせるんですから。そしてそのカメ:ガメラが自分たちのために苦しくても戦ってくれるんですから、それだけでもう感動の物語です。理由は判らないけれど見返りも求めず守ってくれる守護神がいて、しかもその守護神はまだ子どもで弱さを残し、さらには自分たちを守るために自爆してしまうかもしれない、その危うさを補い繋ぎ留めるために自分たちの力を貸す事が出来るなんて、これ以上の純愛があるでしょうか。
最後に待つ別れも、再会を信じることでその絆を強める作用を持っています。泣けるツボです。


■ツボその2 ガメラのロスト、痛み
c0097242_2355174.jpg一緒に暮らしているカメが行方不明になってしまうこと、他の動物から攻撃を受けることはカメキーパーには恐怖です。前触れなくいなくなってしまう小さなトト、冒頭でギャオスについばまれるアヴァンガメラ、ジーダスの攻撃を受けるトト、もう痛ましくて呼吸が停まりそうになってしまいます。
もちろんこれは他のペットや、もっと大きく言えば家族でも同じく普遍的にいえることですが、それが身近な「カメ」という現実的な形を取った事で、映像イメージを持って迫って来るのです。心の揺さぶられるツボです。


■ツボその3 ケヅメの可愛らしさ
c0097242_23553099.jpgもう無敵ですね。ケヅメはあっという間に大きくなり、またそれが魅力なのですが、子ケヅメの独特の愛らしさにはもう言葉もありません。


やはり感想を文章にする事は苦手です。書いても書いても何もお伝えしていないに等しいのが残念ですし、少々情けない思いが致します。映画を観て感じた心の動きをお伝えすることは本当に難しい事ですね。
とにかくご覧になって、素直に楽しんで戴きたい気分でいっぱいです。子どもであった人全てにとって、素晴らしい映画だと思います。

さて、そんな感動を運んでくれたHMVのパッケージを、我が家のキャロラインにおもちゃとして与えてみました。


c0097242_2356447.jpgこういう風に遊びます。


c0097242_2357024.jpg30分後

気に入って戴けたようで何より…再利用は不可だけど。

それにしてもHMV限定特典「赤い石レプリカ購入券」、これと別に¥6,000必要というのには参っています。ひとケタ違うんですけれど…。

どうするキャロライン? ヤフオクにでも出して、心から欲しい人に譲った方がいいのかな?

c0097242_014829.jpg赤い石?トマトのこと?

似てるけどちょっと違うかなあ。
[PR]
by oncorhynchus_2nd | 2006-11-07 00:14

小さき勇者たち~ガメラ~ DVDレビューその1 特典DVD

やっと到着した「小さき勇者たち~ガメラ~」DVD、本編は観るのも感想を語るのもなかなかエネルギーを要するので、まず特典DVDの感想から。

全く関係のない我が家のケヅメ、キャロラインの画像とともにお送りします。

■ケヅメが出て来ない

c0097242_15195747.jpg撮影に参加したケヅメリクガメが全く登場しません。「トトがガメラになった日」で取り上げられていたので期待していたのですが、意図されてのことなのかと勘繰ってしまうほど、全く言及がありません。クレジット最後の「ケヅメは大きくなるので安易な飼育は厳に慎みましょう」という意味の注意喚起文を補強する意味でも言及して戴きたかったところです。


■これまでの「ガメラ」は怖いのか?c0097242_15202972.jpg
特典ディスクその2「徹底検証!G File」(ガメラ40倍講座)で、これまでのガメラシリーズについて見どころなどを解説しています。
お恥ずかしながら私はこれまでのガメラシリーズをはじめ、怪獣映画は全く見たことがありません。怖がりなのでホラー映画などもってのほかです。せいぜいが子どもの頃、TVの特撮を意味も判らないまま真似した程度で、ギャバンの「蒸着!」を防波堤の上でやって海に落ちたのがほろ苦い思い出です。満潮でなかったらシビアな展開でした。

そんな私が抱いた過去のガメラシリーズの印象は「怖そう」…特に平成ガメラにはその印象を強くしました。
特に平成の「レギオン襲来」、怖いですねえ。レギオン幼体がガメラにびっしり取り付くシーンは生理的に受け付けません。
アフリカのサバンナに生息する野生のケヅメリクガメやヒョウモンリクガメの天敵の一つに、凶暴なアリがいます。蟻。群れでやってきてカメを食べてしまうのですから、これはもうカメキーパーにとっては悪夢以外の何者でもありません。

でも生態系の営みですから一義にアリを嫌ういわれもありません。庭や畑のアリさんは人間にとって益虫である部分もありますしね。
レギオンはどうなんでしょう?「小さき勇者たち」の中で敵怪獣のジーダスが単純に敵として、人間への脅威の権化として描かれているように、「レギオン襲来」の中でこの虫酸の走るレギオンを「わるもの」として殲滅してくれているんでしょうか。要するにガメラと人間にとってハッピーエンドなら嬉しいんですけれど。必ずしも正義が行われる保障もない実際の世界で四苦八苦している身には、紆余曲折はあっても勧善懲悪で幕、という単純な図式が心地いいんです。水戸黄門好きなお年寄りみたいですが。

全く関係ありませんが、テロップに誤字を2箇所発見しました(意地が悪いですね~、根性ひねくれてますね~)。


■世界一受けたい映画授業~ガメラ映画の作り方~c0097242_15204433.jpg
田﨑監督が映画製作の流れをレストランの開店にたとえて解説してくれます。どんな仕事も大まかな流れは似ているんですねえ。もう一歩進んで、映画製作ならではの作業内容例についても言及があればなお嬉しいところでした。



■プロジェクトG~ガメラに魅せられた男たち~c0097242_15385336.jpg
内容はいいんですが、アシスタントを務める女性の学芸会的棒読み加減は…。放送大学の講師だってもう少し感情がこもっているんじゃないかと。


何だかDVD内容には殆ど触れない的外れな感想でしたが、とにかくこれらの特典、一見の価値はありますよ。

そうそう、忘れるところでした

■夏帆ちゃんかわいい~
c0097242_15244596.jpg
世の中には完璧な美貌が存在するものなんですねえ。顔立ちやスタイルは言わずもがなですが、何の変哲もないはずの腕を上げる動作や歩き方、全てがもう完璧。


本編についてはきちんと内容についての感想を述べたいと思います。
[PR]
by oncorhynchus_2nd | 2006-11-04 15:49