<   2008年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

亀戸のカメパン

ガメラ医師さんの 2008-/01/17付記事でネタ振りを戴きましたので、遅れ馳せながら亀戸のカメパンについてご紹介したいと思います。

拙blog 2007/12/02付記事でもご紹介しましたが、2007/11/25(日)、「第8回カメ DE Show!」に行って来ました。
場所は東京都江東区亀戸、駅近くのカメリアホールです。

c0097242_225607.jpgカメリアホール前の広場には「HANEKAME(ハネカメ)」という噴水オブジェがあります。

我が家のキャロラインにもそのうち羽生えてきてその辺りを飛び回ったりするんじゃないか、と一瞬考えさせられてしまう、示唆に富んだ彫刻です(誇張あり)。

c0097242_23554.jpg駅から亀戸天神方向へ進んだ亀戸天神通り商店街にあるパン屋さん、「パルファン・キムラヤ」さんはカメパンで有名です。

c0097242_237763.jpg店先のカメパンサンプル。
左の親子孫カメパンはセットで¥880、カメーパン(カレーパン)¥263、カメロンパン(チョコ)¥284、カメイロパン(うぐいす)¥284也。

早速購入しようとお店に入りましたが、
「あ、カメパンでしょ?ごめんなさいね今日は売り切れちゃったのよ。どこからみえたの?あらー遠くから来てくれたのに本当にごめんなさいね、今日は何だか早くに売れちゃって」
ということで、残念でした。
もしかしたら私と同じくカメ DE Show!のついでに購入した人も多かったのかもしれませんね。

c0097242_23173825.jpgお店のショウウィンドウにはカメさんの編みぐるみが飾られています。確かカメグッズ作家さんの手になるものとどこかで読んだ気がするのですが、ソースには当たれませんでした。
c0097242_23214679.jpgお店の手提げ袋にはコック帽カメさん。

ところで前出のお店のサイトをプリントアウトして持って行くとおまけをつけてくださるのですが、戴いたキャラメル味のラスクは絶品でした。今度は多めに購入したいと思います。

c0097242_23234419.jpg折角なので亀戸天神にお参りしてきました。
手水もカメさん。

c0097242_23254251.jpg池には沢山のイシガメやクサガメやアカミミガメがいると聞いていたのですが、さすがにもう季節が寒すぎるようで、ほんの数頭が甲羅干ししているのみでした。

c0097242_23305086.jpgその近くで自分より大きなコイを狙って空振りするコサギ。

そんなこんなでのんびりとした晩秋の亀戸散策でした。

えっガメラ医師さんがネタ振りくださったのは「ガメロンパン」じゃないかって?

えーと手作りすると労力と成果が比例しないというか入力と出力の比があれだとかいやむしろそれはS/N比みたいなものというか…

まあとにかくパン屋さんって偉大ですよね。

c0097242_23371883.jpgそんな不器用な奴の台所はオレ様が占拠したといわんばかりに流しの前で熟睡するキャロラインさん。
[PR]
by oncorhynchus_2nd | 2008-01-27 23:50

寒中お見舞い申しあげます

旧年中はひとかたならぬご愛顧を賜り、篤くお礼申しあげます。
本年もどうぞ宜しくお願い申しあげます。

…ってもう年明けから2週間経ってしまいました。
その言い訳という訳ではありませんが、雑談にお付き合いください。

頑丈さだけが取り柄の私ですが、年末からちょっと体調を崩してしまいまして、近所の病院を受診したところ、別の病院を紹介され、検査を指示されました。
まずCT、それから「腰椎穿刺(ルンバールプンクツィオン)」という、腰に麻酔をして針を刺し、髄液を採取し調べるという検査です。

話を聞くとなかなか面白そうな検査で、どんなふうにやるのかな、どんなものが取れるのかな、とわくわくしながら受けましたが…

骨と骨の間が狭かったらしく…

ゴツン
ゴリッ
ゴリゴリッ


という感覚が麻酔下にも関わらず伝わってきて…

お医者さんも大変苦労されているようで、「うーん」「あれっ」「入んないなあ」などとつぶやきながら、大汗かきかき何度も麻酔を追加したり…

そのうち待合室で待っていた他の患者さんが「いつまで待たせるんだ!どうなってるんだ!」と怒鳴り込んできて(緊急性が高いということでCTもルンバールも他の患者さんより先に割り込みで受けさせて貰ったのでした)、カーテン一枚隔てた向こうで看護士さんと喧々囂々…

別の骨の隙間から採取できるまで何度も何箇所も麻酔を追加され…

結局、取り敢えず急を要する状態でないとの診断でした。

この日のお会計¥13,000オーバー!
慢性金欠病がさらに悪化してしまいました…。

さらに日を違えてMRIとかMRAとか、技術の粋を集めた(そして高価な)検査も受けましたが、結果はまだ出ていません。

原因が判らないので今日に至るまで症状は続き、さらに髄液採取に伴う頭痛も加わって踏んだり蹴ったりです。

c0097242_16401732.jpgそんな飼い主の不調と関係なく絶好調で暴れるキャロラインさん

うん、キミが元気ならそれでいいよ…
[PR]
by oncorhynchus_2nd | 2008-01-14 16:47